男性育休

男性育休の一日のスケジュール(新生児期)と自由時間確保の方法

こんにちは、ひなしょうです。

今回は、新生児期(生後一ヶ月頃)の一日のスケジュールについて、話したいと思います。

まず、新生児期の僕の目標ですが、

ひなしょう

床上げ前は、妻の負担を「赤ちゃんのお世話」だけにすることを目指す!

というものでした。

実際やってみると、僕のスキルに比べて非常に高い目標でした。
二人の育児を甘く見てました。
目標はなんとか達成できたと思いますが、かなり大変でした

ひなしょう

自由時間も少なく、
育児ノイローゼの一歩手前になってしまいました (-_-;)

少しでも自由時間を確保するための対策についても、簡単に紹介します。

(特に二人目の)男性育休を取ろうと考えてる人の参考になれば嬉しいです!

新生児期の登場人物(家族構成など)

夫:ひなしょう。育休中(~2021年6月)。料理ができない。

妻:きの。専業主婦。休息中(床上げ前は休息が仕事)。

子:長男(1歳11ヶ月)、長女(0~1ヶ月)

ばぁば(妻の母):60代。1ヶ月の間だけ来て、最初は主に料理と買い物を担当していただきました。

新生児期の一日のスケジュール

新生児期を振り返ってみると、一日中、長男の相手と家事に追われていたという感じです。

実際、スケジュールをグラフにしてみるとこんな感じです。

一日のタイムスケジュール

昼の14時から1時間の休憩がありますが、それ以外の時間は子供達の世話をすることでイッパイです。
長男が一人で遊べている時間があっても、家事を進めて、夜の寝落ちに備えるようにしていました。

ここまで、キツキツなスケジュールになったのは、「床上げ前は、妻の負担を「赤ちゃんのお世話」だけにすること」を目標とし、僕の主担当が長男(余裕があれば長女)の世話+家事(料理以外)となったためです。

貴重な昼の休憩も、家事や長女が泣くかどうかで、この休憩時間も無くなってしまいます。
他は、夜に起きれた場合に、家事をしながらYouTubeを見るのが、せめてもの休憩でした。

次から具体的な行動を紹介します。

7:00 起床

長男が起きる時間に合わせて起床します。
6時に起きることも普通にあります。

長男が起きたら、次のことをやります。

  • 7時前なら、妻を起こさないように隣の部屋へ移動
  • 夜中のおしっこでオムツがパンパンなので、オムツ替え
  • 朝ごはんまで、遊び相手

7:30 朝ごはん

長男のごはんを食べさせます。

また、長女が泣いたら抱っこするのも、僕の担当です。
長女を抱っこしている時は、長男のご飯を食べさせるのを、ばぁばに任せます。

8:30 長男の遊び相手

食後に、残っている家事(洗濯or食器洗い)があればその家事をします。
その後は、すぐに長男と散歩に出かけます。

近くの公園で遊ぶことが多いです。
時間は、長男が(又は、私が)飽きるまで1,2時間くらいです。

家に帰ってからも、適宜、遊び相手になります。

12:00 お昼ご飯

朝ごはんと同様に、長男のごはんを食べさせます。
また、長女が泣いたら抱っこするのも同じです。

13:00 長男の寝かしつけのベビーカー散歩

長男がベビーカーでしか寝ないため、散歩をします。
30分程度で家に帰ってこれることもあれば、2時間寝ずに散歩していることもあります。

やっと寝て帰ってきたと思えば、ベビーカーから布団に置く際に起きて大泣き!
なんてことも多々あります。

長男の寝かしつけについては、非常に苦労しています。

14:00 休憩orお昼の食器片付け

長男の寝かしつけに成功すると休憩時間となります。
(寝かしつけできないと、休憩時間はありません

お昼の食器が残っている場合は、洗って片付けたりします。

長女が泣いたら、できるだけ対応していました。

15:00 長女の沐浴

長男が寝ている間に、長女の沐浴を開始します。
ばぁばにお願いすることもありましたが、
その時は別の家事や沐浴のサポートをしていました。

15:30 長男のお昼寝 終了

遅くとも15:30までには、長男を起こします。
そのまま、いい子で寝ていてほしいところですが、
これ以降になると、長男の夜の寝かしつけが大変になります。

長男が起きてからは、長男の遊び相手をします。
疲れている時は、英語の勉強と思って、容赦なくTVの教育番組をつけます。(笑)

16:45 長男のお風呂

このくらいの時間から長男のお風呂に入ります。
時間は、なんと、1時間以上!

お風呂からあがる時に、もっと遊びたいとぐずることもあるほど、
新しい玩具がなくても、喜んで毎日1時間以上お風呂で遊んでいました。

僕は、一緒に入って遊んでいますが、
途中で寝落すると、長男が頬をたたいて起こしてきます(笑)

18:00 夜ごはん

朝ごはんと同様に、長男のごはんを食べさせます。
また、長女が泣いたら抱っこするのも同じです。

19:00 おむつ替え 歯磨き

長男は、毎食後にうんちをする快便体質でしたが、
夜ごはん後にうんちをしていない場合は、寝かしつけの前にオムツを替えます。
替え忘れて、何度もおしっこが漏れて、布団を洗濯したことがあります。

また、歯磨きをします。
ギャン泣きで、ストレスになりますが、拘束してきれいに歯を磨きます。
虫歯のなりやすさが三歳までに決まるといわれるので、
長男の将来を思って、ギャン泣きを無視します。

19:30 寝かしつけ(絵本)

夜の寝かしつけは、次の3ステップです。

  1. 絵本を読みながら横になってもらう
  2. 絵本を読み終わったら、明かりを消す
  3. 長男が寝付くまで静かに待機

長男が寝付くまで、長いと1,2時間かかります。
その間、長男に蹴られても、目つぶしされても、我慢して待機です。

長男が寝る前に、僕が疲れて寝てしまうことが多かったです。(笑)

夜中: 朝までぐっすり or 時々家事 or 長男の夜泣き対応

新生児期は、疲れているので、朝までぐっすり寝ていることが多かったです。

夜に起きれた場合は、YouTubeを見ながら洗濯やお風呂掃除、食器洗いをしていました。

夜泣き対応は、長女の授乳とあわせて、妻に任せていました。
しかし、長男が泣いたときは、僕も長男を抱っこして落ち着かせました。

自由時間を確保する対策

一日のスケジュールからわかる通り、昼の休憩時間は約1時間。
お昼の食器片付けや長女が泣くかどうかで、この休憩時間も無くなります。

夜は、慣れない育児・家事に疲れて、起きれなかったことが多く、
起きれても、家事をしながらYouTubeを見るのが、せめてもの休憩でした。

自分がコントロールできない状況というのは、想像以上にストレスがかかります。
それが起きている間、ずっと

自由時間がなかなか取れなかったこともあり、頑張りすぎて育児ノイローゼの一歩手前になっていました。

それでも何とか自由時間を確保するために、対策したこと(対策していたこと)を紹介します。

時短家電を買う

有名な3種の時短家電のうち、特に、洗濯乾燥機と食洗機は必須でした。
家事の時間が全然違います。

第一子の時から使っていますが、改めてありがたさを感じました。

  1. 洗濯乾燥機
  2. 食洗機
  3. お掃除ロボット

その他、買ってよかったもの

  • ハンディ掃除機(ちょっとしたゴミが気になったときに使いやすい)

家事・育児の完成度を諦める

家事・育児を完璧にやろうとしても難しく、時間もかかります。

そこで、妻と相談し、我が家では、以下の家事・育児の完成度を諦めることにしました。

ひなしょう

家事・育児の完成度を諦めることで、
負担とストレスが激減!

家事
  • おもちゃの片付け:寝るタイミングで部屋があれていても問題なし
  • 洗濯ものをたたまない。
    →乾燥後、そのままかごに入れる。使う時はかごから直接取る。
  • 服は縮むのを覚悟で乾燥機で乾かす。
    →乾燥機ダメな表示でも、そのまま乾燥機へGO!
育児(長男)
  • お風呂:毎日じゃなくても、問題なし。
  • 散歩:毎日じゃなくても、問題なし。
  • お昼の寝かしつけ:布団で寝てほしいけど、ベビーカーでもまあいいや。
  • ビデオ時間:
    うんちのオムツ替えの時は、TVを見るのはしょうがない。(動き回られると僕のストレスになるため)
    その他にも、いやいや期でぐずっている時に、他にやる家事があったら、しょうがないからTVを見せていました。
ひなしょう

ただし、諦める内容は妻と相談必須です!
逆に、諦めることがストレスになる場合があるとのことです。(妻より)

家事・育児を外部にお願いする

今回、私が料理が全くできないレベルなので、妻の母に頼んで、料理をしていただきました。
最初は主に料理と買い物だけで、洗濯・食器洗いは僕がやっていました。

しかし、頑張りすぎて育児ノイローゼの一歩手前になってしまいました。

ひなしょう

家事・育児にやる気がでない。
長男の世話はできるけど、気分が晴れないことが多い。。。

パパも育児ノイローゼに!?育休を取る前から気を付ける事 こんにちはきのです。2歳男子、0歳女子の二児のママです。第2子の出産を機に夫が半年間の育休を取得していて、現在一緒に子育てをしています...

そこで、後半は、洗濯・食器洗いなどの家事、長男の世話を妻の母と分担してもらいました。
(できるときは、僕もやってました)

義母に申し訳ない気持ちもありましたが、家事・育児の負担が減ったおかげで、なんとか1ヶ月を乗り切れました!

母にお願いできない場合でも、家事代行サービスを検討した方がいいと思います。

また、妻の母に来てもらった話の詳細は、以下の記事で妻(きの)が書いています。

サムネ_里帰りしない出産
【コロナ禍のマイタウン出産】里帰り出産しないで親に来てもらう方が良い理由と事前準備里帰り出産を検討している方は必見!この記事では、里帰り出産しないで親に来てもらう方が良い理由を解説します。実は、事前準備をすれば全員がストレスなく過ごせます。この記事を読めば、育児ノイローゼにならず産後の回復が早くできますよ。...

女性目線から書いてありますので、面白いと思います。

おわりに

今回、紹介したスケジュールは、あくまで目安です。また、全然このスケジュールに合わない日もあります。
家族構成によっても、子供の個性によっても大分異なると思います。

しかし、恐らく想像よりも、育児の負担が大きいと思われます。
負担が大きいと想像された場合、今後の将来の為に、何かしら対策をしましょう!

ひなしょう

産後の妻一人には、負担が大きすぎるため、
(特に二人目は)男性も育休を取ることを強くオススメします!

男性育休の一例ですが、なにか参考になることがあったらうれしいです。

ひなしょう

二人以上の子がいて、ワンオペ育児をされている方は本当に凄い

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また、3か月目以降は、比較的余裕のある生活ができてきました。
新生児期以降のスケジュールについても、後日、別記事でまとめたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA